ASOBINOTES ONLINE FES
オフィシャルレポート

変わる世界、変わらない熱狂。

2020年6月28日に新木場Studio Coastで開催された「ASOBINOTES ONLINE FES」。バンダイナムコエンターテインメントの「オト」で「アソブ」事業であるサウンドエンターテインメント事業が展開するコンテンツ、そしてそのレーベルである「ASOBINOTES」が世界へ向けて配信した 「ASOBINOTES ONLINE FES」 の模様をお届けします。

「今」いる場所にいながら、「現実」を超えた新しい興奮を。

2020年も折り返しに差し掛かった最後の日曜日、6月28日。「変わる世界、変わらない熱狂」をテーマに「ASOBINOTES ONLINE FES」を開催しました。
「新木場スタジオコーストの4フロアからのライブ配信イベント」という初の試みで、日本が世界に誇るサブカルチャーを「CHARACTER」「GAME」「VIRTUAL」「AKIBA POP」4ジャンルで表現。ダンスミュージックというカルチャーを切り口に、4つの配信を1つのプラットフォームで実現する新たな「音楽との遭遇」体験を、全世界にリアルタイムでお届けしました。

今回の「ASOBINOTES ONLINE FES」のオンライン配信は、アソビストア(株式会社バンダイナムコエンターテインメント公式エンタメコマースサイト)内の特設WEBページとTwitch(ライブストリーミング配信プラットフォーム)2つのサービスにて全世界へ配信。WEB上の画面を覗くとその中で、CG空間のステージ上にあるモニターを切り替え、4つのフロアをワンアクションで自由に行き来する体験を提唱しています。

Mika Pikazoによるキャラクターも登場した色鮮やかなイベントキービジュアルから発信されるメッセージを踏襲するように、様々な表現が全世界へ届けたイベント「ASOBINOTES ONLINE FES」をさまざまな角度から振り返ります。

佐野電磁とDJ和から全世界へ始まりの合図

「アソビノオト!オンラインフェス!カモーーーーン!」佐野電磁の一言から全世界へのリアルタイム同時配信は始まりました!

1992年よりナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)のサウンドチームで活動、現在も様々な音楽制作などで活躍した経歴をもつ総合司会「佐野電磁」。そして、並び立つのは日本のアニメ・フェスティバル・アジアなどを中心に、海外イベントでもDJプレイを行っているDJ和の2人がオープニングMCを担当しました。

シーンを走り続ける2人による軽快なトークから「ASOBINOTES ONLINE FES」始まりました。新木場スタジオコーストのフロアにはお客が0人・スタッフのみというこれまでにない環境で、「CHARACTER」フロア一番手、DJ和のパフォーマンスがスタートしました。 その時点で配信のリアルタイム観覧者の総数は既に数千人に達している状態でした。手を挙げながら、大きく身体を動かし画面狭しと動き回り、数々の経験と卓越したDJスタイルで、配信の先にいる観客を盛り上げていきます。手元のスマートフォンで、ユーザーが書き込んだネット上のコメントをチェックするなど、配信ならではのブースパフォーマンスを繰り広げていました。

にじさんじ、DJフェスに邂逅する

健屋花那/シスター・クレア/星川サラと、にじさんじ所属3人の華やかな雰囲気からスタートしたVIRTUALフロア。健屋花那と星川サラが中心になって話を進め、シスター・クレアが華を添えています。

バンダイナムコグループとの思い出について語っていた3人、星川サラと健屋花那は「ラブライブ!」を、シスター・クレアは「THE IDOLM@STER」について挙げたり、「ことばのパズル もじぴったん」がブームになったエピソードなどもあったり、序盤からバンダイナムコグループに関するトークが盛り上がりを見せます。

そして、「素敵な時間を提供していきたい」という呼び込みから、TAKUYA the bringerがこの日のために録り下ろしたBOOGEY VOXXのダブシャウトを引っさげて登場しました。短い中でもぎっしり詰め込んで満足度の高いプレイを魅せ、気持ちの良い曲を気持ち良くつなぐ、これこそDJというパフォーマンスを見せてくれます。
Vtuberの楽曲はすごい、という関心を持てる選曲力と軽妙なMC、プレゼン力の高さを肌に受けつつ、新しい扉が開かれていくのを感じた40分でした。

鍵となるメインフロアに・・・
パックマン×ルービックキューブが登場!?

1番手、DJ和に続くのは、声優としても活躍しているDJ小宮有紗が登場!世界に誇るべき日本文化の1つ“アニメソング”で世界中の人々を“おもてなし”するかのように、ノンストップで展開するアニソンセットで大きく盛り上げていただきました。

配信を熱くさせるDJと並行し、「CHARACTER」フロアで「パックマン」×「ルービックキューブ」40周年同級生コラボ企画が展開されました。

株式会社メガハウスが、自社のルービックキューブを使ったモザイクアートで参戦し、縦40個×横40個の計1,600個のルービックキューブを使って「パックマン」のモザイクアートをイベント時間内に製作しました。制作の途中経過が画面に映されると、SNSのコメントは歓声で埋め尽くされ、この内容も、一つのエンターテインメントとしてユーザーに体感していただく配信内容でした。

そして配信の最後では、1,600個のルービックキューブを使って造られた「パックマン」モザイクアートが完成。山のように用意されていたルービックキューブが、イベント中にアートになっていく様は、SNS上で多くの話題を集めました。

「秋葉原」音楽シーンをテーマに。
第一線で活躍するクリエイターとアーティストがプレイを紡いだ
「AKIBAPOP」フロア。

「AKIBAPOP」フロア一番手、YouTuber「スカイピース」の実兄であるサウンドクリエイターである「A.T.E」、続いてレペゼン秋葉原オタクダンスチームRAB(リアルアキバボーイズ)からネスが登場しました。アニソン原曲を中心にDJをしながらタットという、腕の関節で角度を作りながら様々な形を作り展開していく繊細なダンスを披露しました。

さらに3番手、数あるアニメの名曲を産み出したバンド「fhána」からkevin from fhánaが登場しました。1曲目からfhánaの「星屑のインターリュード」リミックスを持ってくる構成で展開し、スムーズに聞く人を誘導するような優しいプレイで魅せていきます。AKIBA-POPという一貫したテーマの中で、BPMをキープしつつも幅広い曲のチョイスで落ち着いた展開を作るところのセンスには脱帽でした。

スタンダードなAKIBA-POPのDJスタイルでありながら、選曲で明確に伝えたいことを届けようとしていることが伝わるプレイは、攻めのDJが多い中、肩の力を抜いた大人の選曲を見せ、心地いい空間を作り出していました。この時間で一息つけたユーザーもいらっしゃったのではないでしょうか。ラストソング「青空のラプソディ」を持ってきて踊って締めるエンターテイナーぶりは相変わらず。切れの良いダンスをカメラに見せつけてフィニッシュとなりました。

次元を越えるインタラクティブ新技術「BanaDIVE™ AX」ミライ小町

「GAME」フロアの配信画面へ。ミライ小町そして、バンダイナムコ研究所が開発したゲームAIとxR(注1)技術を活用したインタラクティブバーチャルパフォーマンスシステム「BanaDIVE™ AX」(注2)がここでお披露目されました。

リアルタイムのユーザー投票によって変わる楽曲の選曲、ミライ小町の配信画面に、スマートフォンをかざすと、腕の動きとシンクロする映像演出が画面へ表示される。アーティストやDJ映像演出の未来を感じることのできる双方向体験は、SNS上のユーザーはもちろん、思わず会場内の関係者も感動の声を上げていました。


Twitterワールドトレンド1位を獲得する世界線。

Twitterのトレンドで「#AOF」が急上昇する中、「CHARACTER」フロアは、「ふみっちょ」こと、佐藤貴文(BNSI)が登場しました。THE IDOLM@STERの15年を表現しようと、好きな曲100曲から25曲にまで悩みに悩んで選曲し、自身が制作した「あんずのうた」を入れ込みつつ、THE IDOLM@STERの歴史をたどるセットになりました。

THE IDOLM@STERをファンの目線を集める「CHARACTER」フロアが最大同時視聴数を獲得する中でも、ぐいぐいと視聴を伸ばしていたのが「GAME」フロアでした。バンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)にて鉄拳やリッジレーサー、アイドルマスター、塊魂などの有名ゲームタイトルの音楽を担当したAJURIKA氏による Psychedelic trance、UK HardCore、Drum Stepを中心とした高速Bpmセット。EZ DO DANCE -AJURIKA remix-(非売品)など、ここでしか聞けない楽曲と、早いBpmの数々が相俟ってSNS上のコメント欄が熱を帯びていく様に感じました。

ラストのDJとなり佳境を迎えた「VIRTUAL」フロアは、ウルトラ・ボーダーレスなDJスタイルで注目を集める「ワイパ」ことDJ WILDPARTYによるVTuberセットが始まります。

どんなジャンルにもどんなシーンにも対応できるDJスキルによりカットインされる楽曲はどれも違和感がなく繋がり、安心感のあるセット、そしてユーザーライクな選曲と情熱溢れるパフォーマンスとヴァイブスでネット上を揺らしていました。

終演に向かって加速する熱狂

Twitterワールドトレンドで「#AOF」が1位となる中、「CHARACTER」フロアでは高橋花林が初めてのDJセットを披露し、今日がDJデビューとは思えないその表情や踊り、そして、アイドルマスターシンデレラガールズの楽曲でユーザーを魅了していきました。

続いてイベント全体の佳境となっていく時間帯で、TAKU INOUEが登場します。元バンダイナムコスタジオ所属で、アイドルマスターの楽曲制作など、シーンと歴史を変えた名曲の数々を全世界パフォーマンスしていきます。DJとしても大きく活躍しているからこそできる圧巻のパフォーマンスが大きく輝きを放っていました。

そして、本日の大トリ、kz(livetune)が登場します!それに合わせ「ASOBINOTES ONLINE FES」メインビジュアルを担当したMika Pikazoが現地で、リアルタイムでイラストメイキングを披露しています。VOCALOID、Vtuber楽曲やダンスミュージックを中心に、kz(livetune)が発表してきた名曲の歴史で紡ぐようなDJ。そして終盤に「Virtual to LIVE」を選曲したのは、この「ASOBINOTES ONLINE FES」を象徴するかのようなプレイでした。最後の曲は「新曲」と短い言葉をきっかけにプレイされ、その曲の終了に合わせて、スクリーンを示す。そこに現れたのはダンスミュージックをテーマにした新規キャラクタープロジェクト「電音部」の展開を発表する映像でした。



そして、発表された“音楽原作新規キャラクタープロジェクト『電音部」”

最後の瞬間に発表された新コンテンツ「電音部」は、音楽を原作とし、ダンスミュージックを中心として展開する作品です。
電子音楽が世界のミュージックカルチャーの中心となった近未来。「自分の信じる音楽、そして仲間達こそがNo.1である。」己の矜持を証明するため、青春の全てをかける少女達の物語が紡がれます。

登場するキャラクターは12人、4エリア×3人ずつユニットで構成されています。本作の主人公ユニットとなるアキバエリアの「外神田文芸高校」にはディアステージ、シブヤエリアの「帝音国際学院」には「にじさんじ」に所属する Vtuber、ハラジュクエリアの「神宮前参道學園」・アザブエリアの「港白金女学院」には実力派の声優陣、そして今回の「ASOBINOTES ONLINE FES」へ出演した多くのアーティストが参加しています。そしてキャラクターデザインはMika Pikazoが担当することを発表しました。

今回のミライ小町のパフォーマンスでも使用された「BanaDIVE™ AX」など、最新の技術を組み合わせた全く新しい取り組み。音楽とテクノロジーを中心とした新しいコンテンツとの遭遇体験を提案し、クリエイターとユーザーが共に創り上げていく体験を目指します。

ステージには主人公「日高零奈」の声を演じる「蔀 祐佳」が、佐野電磁の掛け声と共に登場。「蔀 祐佳」 は「これからの展開に皆さんドキドキすると思いますが最高の作品になるように頑張ります!」とコメントしました。

そして、「ASOBINOTES ONLINE FES」の楽しみ方として公開されていた「こるり」氏による4コマ漫画にも『電音部』のキャラクター達が描かれていたことも明かされました。

遭遇と感動。

数多くの魅力的な出演者が登場し、4つのフロアから同時配信される、次元を超えたオンラインフェス。予めタイムテーブルで決めておいても、予定以外のアーティストを観る為に画面を移動する、既存の音楽フェスの楽しみ方を、変わる世界において進化した体験として創出することを目指しました。

各アーティストやDJが届ける曲のタイトルが、次々とリアルタイムでSNSトレンドに上がり数千、数万のコメントとなって、ネットワークを流れる、二次元と三次元のアーティストが共演し、ダンスミュージックというカルチャーを切り口に、4つの配信を1つのプラットフォームで実現、新しい体験との遭遇と感動を「ASOBINOTES ONLINE FES」で感じていただけたのではないでしょうか。

電音部とファンの想いが新たなコンテンツを形創る未来

電音部 公式Twitterアカウントから発表されたツイートは1万以上のRTを超え、キャスト、VTuberやクリエイターそしてコンポーザー達から発信された関連ツイートを合わせると、そのRT数は5万以上にもなりました。

後日SNSなどで話題にもなりましたが、電音部の「ファンメイドコンテンツポリシー」へは、ファンアートや楽曲使用など、ファンメイドコンテンツの制作と共有についての活動を応援するポリシーが制定されています。

現在は、インターネットが発達し、ファンの想いがコンテンツとしてユーザーから発信されるのが当たり前の時代です。クリエイターとユーザーが共に創り上げていく体験が、イラスト、音楽、DJ、芸術、技術として前例のない創造性を爆発させ、新たなコンテンツを形創っていく。電音部は、そんなコンテンツでありたいと思います。

◆電音部 ーdenonbuー 公式HP
https://denonbu.jp/
◆電音部 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/denonbu
◆電音部1stグッズ -アキバエリア-
https://shop.asobistore.jp/feature/denonbu1st_akiba/

ASOBINOTES ONLINE FES

[主催・企画]
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
[制作・運営]
株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ
[協力]
株式会社バンダイナムコスタジオ
株式会社バンダイナムコ研究所
いちから株式会社
ISARIBI
株式会社ジュニ
[協賛]

取材
文章:ワタナベイチロー(アニイベX/アズビット株式会社) / 鶴岡八幡
写真:AYATO. / Kana Ugai

注1)XR(Extended Reality)とは、現実世界と仮想世界を融合する技術を総称した言葉
注2)「BanaDIVE™ AX」とは、あらかじめアナライズされた楽曲を使用し、DJパフォーマンス(楽曲を違和感なくつなぐ、楽曲のBPMをコントロールする、オーディエンスを盛り上るなど)が組み込まれたゲームAI。映像に現れる3Dキャラクターのモ表情やモーション、配信時の演出はもちろん、ライブ空間の演出なども連動させる。また、インターネット上での、リアルタイム投票による楽曲の選曲など、双方向性を取り入れたエンターテインメント要素もあり、会場はもちろん遠隔地にいても、DJとオーディエンスが一体となって、臨場感あふれるライブパフォーマンスを体感できる技術。